■プロフィール

ぷれ

Author:ぷれ
ある喫茶店のマスターの見立てによると、私はこ~んなイメージらしい。

長所:八方美人、短所:ワガママな、
フツーの専業主婦。だったのが10年ぶりに兼業主婦に。大阪在住。

家族:夫、息子(2006年12月生)、娘(2008年11月生)の4人家族。

■最近の記事
■カテゴリー
■遊びに行ってま~す(リンク集)
■月別アーカイブ

03  01  11  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

■最近のコメント
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
■TOEICボキャドリル(わんこ版)


■来てくれてありがとう

■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
中途半端の話。
今春、大学を卒業した話のつづきです。

この卒業が、なぜ「中途半端」なのかを、改めて書きます、といいながら月日が経っていたので(その時の記事は、コチラ)、一応、書いておこうかと(^^;)

大学の通信教育で、保育士の資格を取ろうとしている方には、参考になるかも・・・?しれません。
長いので、あとの方はスルーしちゃって下さいねー!


★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★



3年前、ほぼ予備知識なしに通信制の大学に入学した私。
当然ながら、知らなかったことはいっぱいありました。

「幼稚園」と「保育所」の違いと、そこで働くのに必要な資格の違いですら、よく分かっていなかったので。。

私は、当初は「幼稚園」での勤務を希望していたので、必要なのは「幼稚園教諭」の免許。
これは、所定の大学で単位を取り、教育実習に行くことで取得できます。

でも、現在では、幼稚園と保育所のメリットを併せた「こども園」が増えており、「保育士」の免許も持っていた方が、就職には有利。
「保育士」の資格は、大学で単位を取る方法と、国家試験を受けて合格する方法、の二つがあります。

私は、「試験勉強」がまったく好きでないので、レポートを書いて確実に資格が取れるなら、そっちの方が楽だわ~・・・と、安易な考えで大学に行く道を選んだ。のですが・・・

世の中、そんなに甘くない。

当たり前ですが。

大学で単位を取るためには、レポート+試験を受けなければいけないんです。
とすると、二つの資格を取るためには、膨大な量のレポートを仕上げた上に、試験勉強も必要で・・・まず、ここで大きな壁があり。

そして、私にとってそれ以上に大きな壁だったのが・・・

実習。

私が通っていた大学の場合、
「幼稚園免許」で18日以上、「保育士資格」で計30日以上の実習が必要でした。

実習時間は一日8時間。

私は、一番はじめに幼稚園実習に行ったのですが、これで心身ともにボロボロ・・・

実習自体は、大変ながらも楽しいのですが、問題は、「実習日誌」という名の書き物でした。
一日8時間、つまりフルタイムで勤務した後、帰宅して子ども達の相手をしながら炊事をし、寝かしつけた後、21時を軽く過ぎてから、洗濯機を回しながら日誌を書くこと、毎晩3時間超。
細かい字でびっしりと書かねばならず、しかも翌朝ぜったいに提出しなければならないというプレッシャー。

幼稚園実習の最終週から体調を崩しはじめ、実習が終わった瞬間に倒れました・・・(><)

この実習生活をあと30日、と考えただけで、ヘタレな私は「あ、もうダメだ・・・」とくじけそうになり・・・

そんな時に、大学の知り合いから偶然、「専修証明書」の話を聞いたのです。

これは、在学中に、幼稚園免許を取ると共に保育専門科目の単位を全て取り、大学から「専修証明書」を発行してもらうと、保育士試験(全7科目)のうち、何科目かが免除される、というもの。

この方法なら、残りの実習に行けなくても、保育士資格を取ることができる・・・ということで、私、これに飛びついた次第なのです。

もちろん、実地での経験はとても貴重だし、実習に行くのが最善、最短の方法。
でも、それでも、家事・育児を100%肩代わりしてくれる人がいない以上、今の私の体力・気力では残りの実習は乗り越えられない・・・

悩んで、悩んでの決断でした。

結果、幼稚園免許を取得し、保育専門科目の単位を全て取ったものの保育士資格を取らないままの、中途半端な卒業、をこの春した訳です。

就職活動をしてみると、勤務時間に融通が利くのは、幼稚園よりも保育所の方が圧倒的に多く、条件の合う仕事を探しながら、専修証明書を保育士協会に提出し、保育士の資格が取れるのを待っている・・・のが現在の状況です。

あぁ、文字ばっかり(苦笑)

今日は七夕。
早く、仕事が見つかりますようにーーー!!



追記・・・

私の場合は、運よく(?)保育士試験が全科目免除になりましたが、大学のどの科目が、保育士試験のどの科目免除の対象になるかは、学校によって異なります。

また、同じ学校でも、年度ごとに認定される科目は変更される可能性があるので、あくまで参考程度になさって下さい。

通信教育で学びを続けられている方の願いが叶いますように、お祈りいたします!
スポンサーサイト
通信教育部の日々 | 09:16:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。