■プロフィール

ぷれ

Author:ぷれ
ある喫茶店のマスターの見立てによると、私はこ~んなイメージらしい。

長所:八方美人、短所:ワガママな、
フツーの専業主婦。だったのが10年ぶりに兼業主婦に。大阪在住。

家族:夫、息子(2006年12月生)、娘(2008年11月生)の4人家族。

■最近の記事
■カテゴリー
■遊びに行ってま~す(リンク集)
■月別アーカイブ

03  01  11  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

■最近のコメント
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
■TOEICボキャドリル(わんこ版)


■来てくれてありがとう

■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
I'm FREE----!!!
滞在6日目。

子ども達のサマーキャンプ&姪と私の語学学校、初日です。

滞在先は、送迎に便利な所を第一条件に探した・・・のですが。
はじめの一週間だけ、滞在先から約17キロ離れたキャンプ場に行かねばならず。余裕を見て出発したかったものの、我が家の怪獣たちが素直にさっさと動いてくれる訳がなく(泣)・・・結局、アタフタしながら出発。

なぜ、家から離れた会場のプログラムを選んだのかと言うと。
英語がダメダメな息子と、キャンプ初参加の娘。いつもケンカばかりしている二人ですが、やはり最初だけは同じ内容のキャンプにして、知っている顔が近くに見えた方がいいかなぁ、と思いまして。鬼母の一応の(笑)配慮です。

SD0729-2
キャンプ会場に到着~。
キャンプの種類ごとに受付があり、参加するキャンプの受付場所に行って、子どもの名前の所にサインしてバイバイ。

初日は受付から何から、全てにおいてもたついてしまい、加えて道を間違えるのは、もはや100パーセント当たり前。
と、いう訳で、語学学校にはギリギリの到着でした。

初日は、クラス分けのテストと、オリエンテーションのみで、お昼前に終了。

我が家のレンタカーのBGMは、現在エンドレスで「Frozen(アナと雪の女王)」をかけているので、車に戻った瞬間、姪と二人で「I'm FREE~~!!(@「Let It Go」)」と叫んじゃいました\(^▽^)/

うちの子ども達は、一人ずつならまだマシなのですが、兄妹二人がそろった瞬間、水素爆発のような反応を起こし、かなり手の付けられない猛獣に変身してしまうのです。
アメリカに到着して5日間、濃厚に面倒を見てくれた猛獣使い 姪と、そしてもちろん私も、時差ボケの疲れを取る暇もなく、正直クタクタで・・・

大人だけで、初めて落ち着いて買い物したり、家に戻ってゆっくりする時間を過ごせました。

そして、あっという間にお迎えの時間。

17時に着くつもりで出発したものの、途中で大渋滞につかまってしまい、15分遅れで到着。

SD0729-3

お迎えは少し厳しく、野外にあるキャンプ受付に行ってスタッフに写真付きの証明書を見せ、申し込み時にあらかじめ登録した名前かどうかの確認を受けてからでないと子どもを引き取れないシステム。私はパスポートを持ち歩いていなかったので、国際運転免許証を見せたらOKでした。

気になる子ども達は・・・

丸一日動き続けて、かなりのお疲れモード。
でも、ちょこちょことキャンプの様子を聞けたので、ひとまず安心しました(^^)

明日は、語学学校の授業も始まります。
15分以上遅刻すると欠席扱いになるらしいので、やはり早め早めに動かないと!







スポンサーサイト


アメリカ親子留学滞在記'14 | 13:01:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。