■プロフィール

ぷれ

Author:ぷれ
ある喫茶店のマスターの見立てによると、私はこ~んなイメージらしい。

長所:八方美人、短所:ワガママな、
フツーの専業主婦。だったのが10年ぶりに兼業主婦に。大阪在住。

家族:夫、息子(2006年12月生)、娘(2008年11月生)の4人家族。

■最近の記事
■カテゴリー
■遊びに行ってま~す(リンク集)
■月別アーカイブ

03  01  11  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

■最近のコメント
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
■TOEICボキャドリル(わんこ版)


■来てくれてありがとう

■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最後にベタベタ。
4月に入ってから、大阪は雨・雨・雨・・・

入学式も、始業式も、休日も雨…(; _ ; )
もともと「学校、だいっきらい!」な息子ばかりか、ピカピカの一年生の娘も、毎朝うかない顔で登校しています(ーー;)
そして新入生はしばらく午前中下校が続くので、春休みからずっと、私も自分の仕事が何一つ進みやしない(汗)

・・・と、グチはこの辺にしておいて。

昨夏の旅行記、サンディエゴ編の最終章に参ります!



★~★~★~★~★~★~ ★~★~★~★~★~★~★

滞在32日目。

この日は、男性陣(父+夫)と、女性子ども陣(母+私+子ども達)で、それぞれサンディエゴの市内観光へ出発!

私たち、女性子ども陣はシーちゃんに乗ってGO!
ちなみに、「シーちゃん」とは、昨日乗り換えた2台目のレンタカーです。

最初に向かった先とは・・・

SD0823-1

サンディエゴ市内の有名なリゾート観光地、コロナド島!
赤い三角屋根の「ホテル・コロナド」が、ここのシンボル♪

ここのホテルのカフェで母とゆっくり・まったりおしゃべり・・・といきたい所だったのですが、怪獣2匹が一緒だとそうできる訳もなく(^^;) 大声で騒いでもOKのビーチへ直行!

SD0823-2

ビーチで、なんと砂のお城に遭遇!
ここまで来ると、もう芸術作品 !! それもそのはず、これを作っているのは「砂の芸術家」を自称するプロ。
お天気が安定している場所ならではの芸術でした。

それに触発された子ども達も、砂山を作りはじめ・・・

SD0823-3
お約束どおりのびしょ濡れに(苦笑)

いったん、家に帰って昼食&着替えを済ませてから、今度はもう一つの代表的な観光地、バルボアパークに出発!

SD0823-4

滞在中に行った動物園も、バルボアパークの園内にあるのですが、それ以外に20以上の美術館・博物館が公園に点在しています。もう少し子どもが大きかったら、そういう場所も楽しみたかったなぁ。

夏休み中の休日とあって、どこに行っても駐車場がいっぱいで、予想外に時間を取られてしまったものの、夕方、街中のレストランにて無事に男性陣と合流~。

SD0823-5
サンディエゴ最後の夜は豪華に!・・・って事で、ブラジル人のクラスメイトおススメのブラジル料理レストランへ♪
ステーキ好きの息子は、目をハートにして頬張ってました(笑)

食後、レストランのすぐ近くにある野球場を一目見たい!との息子のリクエストで、ちょっと寄り道。

SD0823-6
サンディエゴ・パドレスの本拠地、ペトコパークを見てから、大満足で帰路につきました。

最終日に、総まとめで名所を回るというのも、また楽しいものでした(^^)
いよいよ、次の日はサンディエゴとお別れ。
・・・次回に続きます!







スポンサーサイト
アメリカ親子留学滞在記'14 | 13:58:36 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。