■プロフィール

ぷれ

Author:ぷれ
ある喫茶店のマスターの見立てによると、私はこ~んなイメージらしい。

長所:八方美人、短所:ワガママな、
フツーの専業主婦。だったのが10年ぶりに兼業主婦に。大阪在住。

家族:夫、息子(2006年12月生)、娘(2008年11月生)の4人家族。

■最近の記事
■カテゴリー
■遊びに行ってま~す(リンク集)
■月別アーカイブ

03  01  11  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

■最近のコメント
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
■TOEICボキャドリル(わんこ版)


■来てくれてありがとう

■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヤングアメリカンズ2013.夏~ホストファミリー編
 息子が初参加した2日間のワークショップで募集されたホストファミリーは、2泊3日の滞在でした。

 ワークショップ当日の大体3~4日前に、人数と性別のみの決定メールを受け取ります。
 今回、我が家は、物置と化していた小さな部屋を片付けて、メンバー用として準備していました。
 が、メールで我が家の受け入れが男女二人と判明したので、家族会議(笑)
 事務局側は、「男女同室でも構いません」とおっしゃって下さっていたのですが、もし自分だったらやはり別室の方がいいかなぁ、と思ったので、急遽、居間の一角に一人分のスペースを作ることにしました。そして、この場合、レディファーストで女の子は個室、男の子は居間に案内!

 初日の顔合わせはワークショップ後の21時過ぎ。連休中だったので、最終日以外は夫に車での送迎をお願いしていたのが、大正解!
 初日はメンバー二人とも疲労困憊といった風情で、車の中でも爆睡し、男の子は夕食も食べずに布団へ直行!そりゃあ、あれだけの人数のお子さまを相手に一日中踊り続けですもんねぇ・・・

 そして二日目。
 食事の好みが分からないので、ランチ+おやつは近所のコンビニで自由に選んでもらい、車で出発!
YA2013.3
 息子も娘も、大きいお兄ちゃんとお姉ちゃんに大喜び!終始、車の中でもじゃれていました(^^)

 二日目の午後はリハーサルで見学できないので、私はいったん自宅に戻り、夕食の支度。その後、再び車でショーを観に会場に向かいました。

 YAのステージは、準備も後片付けも全てメンバーが行います。その為、ショー終了からメンバーとの合流時間まで約1時間の待ち時間がありました。その時間を利用して、近くの中華屋さんで子ども達だけ夕食タイム。帰りの車の中で寝てしまうだろうと思ったからで、果たして予想通り、二人とも自宅に着く前に撃沈・・・。おかげで、メンバーと私達夫婦の4人で、静かに夕食を食べられました(笑)

 そして最終日。
YA2013.4
 幼稚園に行く前の娘は、せっせとキッチンに立ち、メンバーにフルコース料理をサービス♪
 そんな子ども達を見送った後に、(平日だったので)電車でメンバーを待ち合わせ場所まで案内して、ミッション完了!!

 長かったような、あっという間だったような3日間でした。

 経験してみた感想としては、YAのホームステイ・・・オススメです!!

 まず第一に、一緒にステージで踊っている仲間なので、子どもも家族も親しみやすいこと。そして、色々な家を渡り歩いているメンバーなので、ホームステイ慣れしていること。さらに半年とか一年でなく短期間なので、我が家のようなホストファミリー初心者でも挑戦しやすいこと。YAの話も色々聞けたし、個人的には大満足♪♪

 ただ、うちの場合、YAに参加しない幼稚園児がいたので、休日に車送迎してくれた夫や、夜に娘を先に寝かせてくれたり、最終日娘を幼稚園に送迎してくれた実家の協力がなければ、結構な負担になっていたに違いありません。現実的には、子どもが夜更かししても耐えられる位大きくなってからの方が、受け入れは楽だろうな、と思います。

 とかなんとか言って、今回の話には続きがありまして・・・

 

続きを読む >>
スポンサーサイト
ヤングアメリカンズ(YA) | 21:10:32 | Trackback(0) | Comments(8)
ヤングアメリカンズ2013.夏~ワークショップ編
 さてさて、息子が初参加しましたヤングアメリカンズ(以下YA)。

 ドキドキしながら迎えた初日。

YA2013.1
 初めは、メンバーの模範演技を見学するところから始まり・・・

 そして、その後さっそくレッスン開始!

 全て英語でのレッスンかな、と思っていたのですが、実際には日本人メンバーが通訳をして下さったので、英語が分からなくても全く問題ありません。

 初日は、昼食タイム以外の全てのレッスンが見学可能だったので、一日私も会場に缶詰状態(笑)。

'A2013.2
 気分転換の意味もあるのか、舞台上だけでなく、廊下やロビーなど、さまざまに場所を変えてレッスンが行われていました。

 2日目(ショー当日)も、リハーサル以外は見学可能。なので、全ての練習風景を見学すれば、大体のショーの流れはつかめます。ちなみに、息子は練習中、ダンスのソロパート(と言ってもほんの10秒足らずですが)を貰えた事が判明。急いで家族にメールしました☆

 今回参加したワークショップの場合、2日間という短期間で、一体どれだけのものが作れるのか?甚だ不安がありましたが、ところがどっこい!完成度は目を見張るものがありました。もちろん、素人の出演するショーなので、危なっかしい場面もあります。でも、その辺りもYAのメンバーが上手にサポートしていて、観客が充分楽しめる仕上がりになっていました。
 しつこいようですが、あれだけのショーを1,000円という格安で観られるのはかなりお得!参加を検討中の方もそうでない方も、お近くに会場があれば足を運んでいただく価値はあると思います!

 うちの場合で言えば、普段19時に布団に入っている息子にしては、夜遅く・・・最後までしっかりと頑張ってくれました。ショーが終わって開口一番、「来年もYAに行きたい!」と言ってくれたのには頼もしさも感じた位。2日間で、色々学んでくれたかな?皆で一緒にショーを作り上げる喜びを感じてくれたのなら、これに優る収穫はありません。

 そして、そんな息子のモチベーションを上げてくれたメンバーの存在。我が家にとっても初体験の、ホームステイ編、次回に続きます(^^)



ヤングアメリカンズ(YA) | 23:32:54 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。