FC2ブログ
 
■プロフィール

ぷれ

Author:ぷれ
ある喫茶店のマスターの見立てによると、私はこ~んなイメージらしい。

長所:八方美人、短所:ワガママな、
フツーの専業主婦。だったのが10年ぶりに兼業主婦に。大阪在住。

家族:夫、息子(2006年12月生)、娘(2008年11月生)の4人家族。

■最近の記事
■カテゴリー
■遊びに行ってま~す(リンク集)
■月別アーカイブ

12  11  03  01  11  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

■最近のコメント
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
■TOEICボキャドリル(わんこ版)


■来てくれてありがとう

■ブログ内検索

■RSSフィード
入院日記。
 旅行記の続き、を書くはずが・・・
 
 娘、肺炎で入院してしまいましてそれどころではない日々を送っていました。

 原因は、RSウィルスという、ウィルス性の風邪をこじらせてしまったこと。

 かかりつけ医の話によると、高熱が出ても普通の風邪なら2?3日でおさまり、汗が出て治っていくものなんだそうです。
 娘の場合、高熱が出て4日目の朝が37℃台だったので、「もう良くなるかな?」と安心したのが間違いで、その日の夜に再び40℃越え。このように、あまり長いこと高熱が続くようなら、肺炎を疑った方が良いらしいです。

 で、かかりつけ医から紹介してもらった市民病院にて、そのまま入院。
 ちなみに、息子もちょうど二年前の同じ時期に、同じウィルスに感染して入院しました。今回も、その時と同じ病院で、しかも病室も同じ。変なトコで気の合う兄妹です。

 娘が入院した日に、息子も高熱を出してしまい、もしかしてW入院か!?とも危ぶまれましたが、体力ある3歳児は申し訳なくも姉に預かってもらい、私は娘に付き添って病院に泊まり込みで過ごしました。

 入院して2日間は、具合が悪いために機嫌も超・悪く、夜中も何度も泣いたりで大変でした。
 しかし、少し元気になってきたら、それはそれで大変で・・・
 なんたって、一歳児に「安静に」なんて言っても通じないので、
入院中
 こ?んな感じで、点滴の管をつけたままベッドの下にもぐりこんだり。

入院中
 点滴スタンドによじ登ったり。

 伝染性のウィルスなので、個室なのはありがたかったですが、子供が病室の外に出られないため、部屋の中で出来うる全ての悪さをいたしてくれました(苦笑)

 それでも、なんとか元気になってくれて退院。

 こういう経験をすると、家族が元気で、健康でいてくれるのが何より一番幸せだと、改めて感じてしまいます。

 まだまだ冬のまっただ中、どうぞ皆様もお元気で!
 次回こそは、旅ネタの続きを書けるといいな(笑)



「RSウィルス」(Wikipedia)・・乳幼児が、結構な割合で感染するウィルスらしいです。

スポンサーサイト



育児 | 00:32:04 | Trackback(0) | Comments(5)